近距離での引越しの際の注意点について

身近な範囲近距離で引越しをする際にはレンタカーを使用する方法も考えられます。荷物の中には大型家具や冷蔵庫などが含まれていると、レンタカーではサイズ的に収納できなかったり物が多ければ結局何回も行ったり来たりを繰り返す必要に迫られてしまい、その日のうちに終わらせることが困難になる可能性も大いにあります。専門の引越業者に依頼すれば、荷物を梱包さえ済ませておけば後は運転席に同乗して、転居先で荷卸しをしてもらって大型家具の搬入や配置までお任せできるので、無駄な労力や時間の浪費、日をまたいでの荷物搬入などの面倒は解消されます。ここで問題になるのはやはり費用の問題です。レンタカーのレンタル費用を上回るのは避けがたいとしても、高すぎたりサービスの質が伴っていない懸念があります。

移動距離に応じて業者には得手不得手がある

引越業者には距離が近距離なのか遠距離なのかによって、得意であるかそうでないかの違いがあります。引越作業はある程度の距離的移動を伴うことが多いので大手の業者は遠距離を得意にしており、ブランドイメージもあるので人的資源も豊富で効率的に大量の荷物を伴う引越も安心して頼めます。しかし身近な距離の引越しではどうでしょうか。大手業者ではトラックもスタッフも多く抱えています。人件費を稼ぎ出すためには潤沢に人員を投入して効率的に売り上げを挙げる必要があるため、どうしても費用が嵩みがちです。また地域によっては細い道の間を縫っての移動作業を伴うこともあり、大手では対応に苦慮する場面も予想されます。近場の引越では地元の中小業者に依頼する方が費用的にも満足できる可能性が高いといえます。

近場の引越しは地元の中小業者も選択肢に

中小業者に依頼する場合宣伝活動が活発なわけではないので、サービスの実態を把握しにくいためためらいを覚えがちです。全国的に知名度の高い大手業者ではなく、あえて地元業者を選ぶメリットは何処にあるのでしょうか。中小業者は保有トラックもスタッフも限定されています。長距離の引越は当然単価も高くなりますが、限られた人員を長時間拘束されることにもなるので、必ずしも長距離引越を得意にしているわけではありません。身近な生活圏内外の引越を数多くこなした方が、収益を上げるうえでは望ましいので中小業者であっても比較的安価で受注していることも多いのです。近距離の引越しを検討しているのであれば、地元に根付いた中小業者の中で見積もりをとって選定してみましょう。この際費用面ばかりでなく、信頼できる業者であるかも要確認です。家具の移動で傷がつく、人手が足りず大型家具が移動できない等、のトラブルに遭遇しないよう実績ある業者かどうか確認の上、依頼してください。